Contents ...
udn網路城邦
中國菁英在日本之爆留学與爆就職
2016/10/06 15:47
瀏覽723
迴響0
推薦2
引用0
中国人エリートに東大も一流企業も食い尽くされる!?(前編)
ジャーナリスト 中島恵
2016年10月06日 05時20分
http://sp.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160930-OYT8T50012.html?from=ytop_os1&seq=01
摘要
中國菁英在日本之爆留学與爆就職=
在日中国人留学生数占在日全体留學生人數45%
東大、早稲田留学生約5成是中国人
在日中国人數約66万6000人。6萬人有「技術・人文知識・国際業務」等項目居留資格簽證。「医療」「教育」「教授」項目簽證取得者也増加中
這些在大銀行大商社大手企業就職的白領階級都是哈日派認為日本比之中國=適合生活的理想樂園
.................................
在日中国人留学生数は約9万4000人と、全留学生中トップだった。全体の45%を占めており全留学生中トップだった。全体の45%を占めており、実に留学生の2人に1人が中国人という計算になる。
「爆留学」といった様相を呈してきているということである。東大、早稲田の留学生の約5割が中国人。これが実態だ。
二つ目は「爆就職」だ。数年前に多く見られたコンビニ、居酒屋でアルバイトする中国人は減少し、日本を代表する銀行や商社、大手企業に中国人のホワイトカラーが就職している。
 厚生労働省の調査によると、15年末時点で、在日中国人は約66万6000人。在留資格別に見ると、「技術・人文知識・国際業務」ビザの取得者は約6万人に上っている。「医療」「教育」「教授」ビザの取得者も増えており、ありとあらゆる業界、業種に中国人が広がってきている。
そこには決して、日本の一部メディアで叩かれているような「日本を乗っ取ろう」とか「日本の技術や情報を奪い去ろう」といった考えは存在しない。彼らのほとんどは、純粋に日本に憧れ、日本で学び、日本で働き、自分の人生をもっと充実したものにしたいと思っているだけである。
 さらに本心をいえば、留学や仕事、買い物をするだけでなく、「自分も日本で、日本人みたいな暮らしをしてみたい」とささやかな願いを持っているだけなのだ。中国で日本のような「穏やかな日々の暮らし」を手に入れられるのは、まだ限られた一握りの人しかいないからだ。
彼ら中国人エリートたちの言葉を借りるならば、日本は(中国に比べて)「できすぎた国」、日本人の生活は「理想的」。ひとたび日本にやってくれば、毎日楽しくて仕方がない。夢のようなワンダーランドなのである。
有誰推薦more
發表迴響

會員登入