Contents ...
udn網路城邦
ブルガリバッグの2012秋冬の新型の研究開発
2016/04/30 21:19
瀏覽28
迴響0
推薦0
引用0
ブルガリバッグの2012秋冬の新型の研究開発、深く突っ込んでイタリアのデザイナーEttoreVeroneseを運用して新しく理念の前提を設計する下に、もっと多い考えを派手に生地の精密なので細いにのの選んで上を選んで、春夏のシリーズに比べて材料の等級を選んだのがもっと高くて、色が変えるのはもっと豊富で、そのためと服装は色係とデザインの上で更によく合いやすいです。

小さい牛革は、毛皮と特殊皮に反対して例えばワニのサメ皮、ダチョウの皮、シカ革などの大量が運用を選び取ると推測して、https://www.ssljpi.com/ ブランドコピー製品に至る所に派手に、絶えずクラシックを創造するのを明らかに示させます;取り上げる価値があるのこの季生地が革新するので、大胆にイタリアの流行っている全く新しい技術を引用しました。



“色の皮の技術を拭く”、それは上等で小さい牛革を採用するのがもと皮なるで、そのもと皮の上で吹付け塗装一層の最新の技術の原料、それ色落ちするのを、防水性能防ぐ上に効果更に良くて、その後また人工であることを採用して色を塗って、皮色で思って更に富む段階を見て思うと推測して、https://www.ssljpi.com/bvlgari-bag/ ブルガリバッグ新作しかも皮を色落ちして、落とすことはでき(ありえ)なくて、いっそう製品の質感と趣をはっきりと示して、人に復古、昔を懐かしむ途中の感覚を歩きます。

“色の皮の技術を拭く”はブルガリバッグの継続の2012春夏の製品の基礎の上で、秋冬の製品中でのの独占的な献上で、そのため国内の供給商に対しても比較的わりに高い試練を出して、ただこのように精致な生地の協力する国内外の最も先進的な加工の生産技術、ようやくただ1つの“色の皮の技術を拭く”を造り出すことができて、創建し営む製品ごとにはすべて消費者の精致で心地良くて、流行して美しい身なりの体験にあげることができて、“内外が兼ねて修理する”の2重の品質が享受するのと言えます。

限會員,要發表迴響,請先登入